糖質制限メニューで血糖測定実行中です。日々新しい発見があります(*´ω`*)

スーパースプレッターについて:Typhoid Mary(チフスのメアリー)

「スーパー・スプレッダー」と呼ばれる人達が存在する。
感染症を引き起こす病原体に感染した人のうちでも、通常考えられる以上の二次感染例を引き起こす人のことをそう呼ぶ。
スーパー・スプレッダーは、自分以外の多くの人へ感染を拡大させることから、感染症コントロール・感染症疫学上での大きな懸念材料となる。

有名なのは、Typhoid Mary(チフスのメアリー)と呼ばれるMary Mallonと言う女性。
ざっくり100年ほど前のニューヨークの話。
富豪の家の料理人として腕を振るっていたメアリーだが、ある日雇われていた家の住人が腸チフスに見舞われる。
メアリーは健康なので働く場所を変えて違う家に雇われるが、メアリーの働く家は次々と腸チフスに見舞われることになり
彼女に対し疫学上の調査が入る。しかしメアリーは自分は健康なので自分の糞便を調査されることに強い抵抗を示す。
この辺の抵抗の激しさについてはウイキペディア参照。

当時、健康な人が保菌しているという考え方は確立していなかったので無理からぬところもあったのだが
すったもんだの末、彼女の便からチフス菌を検出して隔離されることになる。
隔離後も無症状のメアリーは自ら便検査を別機関に依頼して訴訟したり、新聞の取材受けたりと怒り心頭だった様子。
隔離に関しては衛生局側の勝訴で終わったものの、この訴訟によってメアリーには隔離から解放されるきっかけとなる。
本人が理解と納得ができていないという恐ろしさはここからである。
「食品を扱わない、居場所を知らせる」という誓約をかわして隔離から解放された彼女だが数年後、連絡が取れなくなる。
次に彼女を発見するのは腸チフスの感染源としてであったのだ。
メアリーは偽名を使って病院で料理人となっており、またしてもそこで腸チフス患者を出してしまう。

Mallon-Mary_01.jpg

今度こそ彼女は、隔離から解放されることはなく人生を終えたようだが、
隔離された病院でも(食品とは関係ないところで)働いていたというのだから、
本当のところ最後まで彼女に自分が感染源であるという自覚を持っていたかは疑問である。

スーパースプレッターは無自覚、無症状であるという可能性が否定できないのだ。

腸チフスは腸チフスが原因であって、媒介者を犯人扱いするのは違うと思う。
でも媒介する人を隔離するしか方法がないのも感染症。

感染症を「正しく恐れる」と言う言い方も浸透してきたが、
正しい恐れ方って、今あっているんだろうか?
多分今の常識と一か月前の常識は
100年前の一年分ほど違うはず。
もうちょっと、新しい事実が発表されてもいいんじゃないか?
刻々と変化する実態に対して先月の発表は間違っていましたでもいいじゃない?
人数の発表と状況だけ言われても…
スーパースプレッターを特定するんじゃなくて
それがどんな症状のどんな特性の人なのかぐらい
知ることはできないものなのだろうか?
収束しましたと言うなら収束は何が一番効果があったのかを知りたい。
せめて、感染させやすい時期、感染しやすい時期、感染させやすい環境、感染しにくい環境
絶対というものはなくても、なんかもうひとつ・・・・
もやっとしたものが付きまとう。
外国ではcovid-19の スーパースプレッターが誰か発表されていたりもするけど
日本ではないなぁ。
緊急事態宣言が解除したからってウイルスがいなくなったわけでもないし
次にいつ変異してやってくるかはわからない。

本当はわかっていることもプライバシーに配慮して隠されているのかな。

当面は自分の免疫を高めていけってことかな・・・・(´・_・`)


緊急事態宣言中、気を付けたこと。

緊急事態宣言が解除になった今、この間に気を付けたこと忘れないように書いておこ。

★三密は避けた。
買い物は混みあってる時間は避けたし、人との距離も置いた。

★うがい、手洗いはもちろん、外出先で顔を触らないようにした。

★体調崩さないように食事に気を付けた。
つっても、いつもとほとんど変わりなし。

★ビタミンCとDはサプリで摂った。
CとDがバリアのように守ってくれるイメージ。
言うても糖尿病だから、健常者よりは警戒強め(^^)
神経質と言うほどでもないけどね。

他は特に何もなかったな。
トイレットペーパーが消えたときはさすがにびっくりしたけど
何かを買いだめすることもなかったし、血眼で探し回ることもなかった。
マスクも普段の買い置きで間に合った。
なくなればハンカチやスカーフでもいいと思ってたし。

そういえばマスクが普通に市場に出始めたね。
・・・配布のマスクはまだ来ないけどね。(。-_-。)

この後第二波が来るかもしれないし、ウイルスは変異しながら長い付き合いになるかもしれない。
個人が備えられることは、今後も同じようなものかな。
第二波が来るまでに検診や受診に行っておきたいのだけど
歯科、眼科、婦人科、それぞれの検診。それに糖尿病外来。
三密が怖くてスキップ中。(--)
いかなあかんかな~。(=∀=)

今後に備えることって他にあるかな~?





♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::



三つ葉とキクラゲの霙和え

IMG_0201.jpg

二杯酢でさっぱりと。(*´ω`)┛

以前にもアップしたことがあって→キクラゲのおろし和え
自分のブログを見て作ったという‥‥(^^;)
今回は茗荷も入れてみました。
暑くなってきた今、食べたい一品。
キクラゲにもビタミンDは豊富。(○´・Д・`)ノ
私は、コロナの予防にビタミンDがいいと信じている。
てか免疫上げるしね。(*・`ω´・)ゞ

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::


自殺者減少

興味深いニュースを見た。

「先月(2020.4)の全国の自殺者数が前の年に比べおよそ20%減った」
詳しくは厚生労働省のページ

先月の全国の自殺者数は前の年の同じ月に比べ359人少ない1455人で、19.8%減り、少なくとも最近5年間では最も大きな減少幅だと。
つまり、前年比だけじゃなく、ここ最近で一番少ないということね。
コロナ不況で生活不安が叫ばれる中、とても意外な気がした。
ニュースでは、「 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、家族ら同居する人が外出せず家にいることや、職場や学校に行く機会が減り、悩むことが少なかったことなどが要因とみられています。」とあったが、それが本当なら常態が異常ってことじゃないの?
実際そんな単純なものじゃなくて、人間と言うのは死に直面すると、生きるためのアドレナリンも出るし
何とか生き延びようとする本能が働いて、普段の悩みはいったん棚上げになるというのが本当のところじゃないのかな?
・・・と私は思ったりするが、皆さんどう思う?
しかしてコロナの影響が長引けば疲弊して、この結果が続くことがないのは想像できる。
アドレナリンは生き物の性で出続けることはないからね。
頑張った反動も怖いよね。
不況は必ず来るし。

でも同時に「生きる」と言うことを考える良い機会にはなったはず。
当たり前だと思っていたものがありがたいものだと考えられたのなら、人類にとって必要なことだよね。

生産性とか発展だけに目標を置くと、これから先、人類はずっとストレスを抱えることになる。

コロナ後、人類がよい方向に向かうといいなぁ。
。。。┐(´-`)┌

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::



コロナ後の世界は?

コロナ後、大手を振って外国に行けるようになるのはいつなんだろう。
アジア人と言うだけで石投げられるのも怖いな。
行く方もびくびく。来られるほうもびくびく。
サーモグラフィーが至る所に設置されて、熱があったら飛行機も船も乗せてもらえなくなるのだろうか。
ワクチンができたら、ワクチン打ってない人は入国できないとかに変わっていくのだろうか。
少なくとも日本人じゃなくても、マスクは必須アイテムになるのだろう。

マスクと言えば…
ライヴはどうなるんだろう。
全員マスクをした観客って怖いな。
間隔を2mとって盛り上がるのってどう?ラジオ体操じゃないんだから。
ステージと観客の間にシールドがあるのもなんかいやだな。
リモートも一時的にはいいと思う。
でもそれは、会場での一体感あってのリモートだと思う。

テーマパークはどうだろう?
スポーツ観戦は?

ステージやフィールド側の人は少なくともマスクはできないわな。

レストランやカフェは形を変えていくんだろうな。

いろんなものが形を変え、
人もそこに適応していく。

「昔、人は素顔で歩いていたんだよ」
「え?マスクなしで外を歩けたの?」
なんて日は、まさか私の一生のうちには来ないと思っているのだが。


♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::


頑張らない!サラシア配合のメタバリアスリム★お試し500円+税★

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


メニュー↓↓ 
(目次ページに血糖測定の項目があります。各血糖測定値を見たい方は目次からが見やすいです。)
最新記事
プロフィール

月詠の巫女

Author:月詠の巫女
糖質制限と自己血糖測定のみで、糖尿病をコントロールしています。
糖質制限しつつも、料理も食事も楽しんでいけたらと思っています。



糖質制限料理 ブログランキングへ

ようこそ(^^)
糖質制限の味方
探してみよう、低糖質m9(`・ω・´) :::::::::::::::::: ::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::: 食物繊維は大事な腸内細菌の餌(^^)       ↓
:::::::::::::::::: 甘味料はエリスリトールが一番コスパがいいと思う ↓

フランス産 エリスリトール 1kg 遺伝子組み換え材料不使用 カロリーゼロ [01]希少糖 糖質制限 天然甘味料 砂糖代替甘味料 NICHIGA(ニチガ)

お金に余裕があればラカントのほうが美味しいとは思うけどね ↓

ラカントS 顆粒 800g

:::::::::::::::::: 低糖質パン、もっと普及したらいいのに。       ↓
::::::::::::::::::::::::: 頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★
検索フォーム
リンク
QRコード
QR