糖質制限メニューで血糖測定実行中です。日々新しい発見があります(*´ω`*)

原因不明の高血糖

糖質制限をしていても高血糖になるときがある。

シックデイである。
病気になると、ストレスホルモンが出て高血糖になる。そもそも空腹時から高めになる。
熱が出る→脱水になる→さらに高血糖。
以前に咽頭炎でプレドニン入りの点滴を受けたことがあるが、これも爆上りの原因になった。
薬も曲者なのだ。

しかし気を付けていても病気にはなる。生き物なんだもの‥‥ヽ(o´・ω・`o)ノ

ということで、きょうは普通にいつもと同じ朝ごはん食べただけなのに血糖は200を超えた。ヽ( ̄д ̄;)ノ
若干風邪気味ではあるが、それほどしんどいわけでもないのに…

精神的なストレスが原因なのだろうか?
確かに原因になるような出来事はあったが・・・。
これも気を付けていても、ストレスの原因はやってくる。人生だから‥‥ヽ(o´・ω・`o)ノ


自覚のないシックデイなんだろうと様子見中である。

早く戻ってほしいわ(´・_・`)




生石神社:浮石を見に

↓ こういう写真をご覧になったことがあるでしょうか?

IMG_4381s.jpg

兵庫県高砂市にあるパワースポット。
水面に石が浮かんで見えることから、「浮石」と呼ばれています。
去年から「私の行きたいところスポット」にメモされていました。
どうやら最寄駅から歩いて行けそうなので、18切符の最終日に行ってきました。
快速の止まる加古川駅から普通に乗り換えて宝殿駅(いかにもパワースポットっぽい。)下車。
そこから山腹にある神社まで徒歩で1.5km
9月10日はとても暑かったです。
どのくらい暑かったかと言うと・・・
このくらい ↓
IMG_5430.jpg
駅から歩き始めるとすぐに、服も帽子も汗でびちょびちょ。(○´・Д・`)ノ

IMG_5435.jpg

道は一本道が山に向かっているので、方向音痴の私も迷うことはありませんでしたが。
日影がほとんどない道。 正面の山腹に白っぽく見えるのが目的地。

途中、翁と媼が。
いかにも高砂市と言う感じ。
IMG_5434.jpg

生石神社。(おうしこじんじゃ)と読みます。
参道を登ることに一生懸命で、こんな大きな鳥居を見逃して少し行き過ぎてから引き返しました。
 ↓
IMG_4394s_20190914230029e95.jpg


階段を上っていくと、下から見るとわかりませんが、階段のちょうど真ん中あたりを大きな車道が横断しています。
 ↓ 少し不思議な感じです。


IMG_4393s_20190914232624f9a.jpg

拝観料は、自分で入れるシステムです。
写真を見ると案内書がちゃんとおいてありますね。入れるときは気づきませんでした。
うっかりです。(--;)

IMG_5429.jpg

ご神体である石に参拝して、
写真を撮りながら石の周りをぐるりと回ります。

ちなみに、ご神体である石に触れることができます。
両手で触れながら、左回りに一周するとパワーを戴けるようなことをどこかで読んだような気がします。(すみません不確かです)
参拝者の何人かは、両手で触れて願いをかけているようでしたよ。

IMG_4379s.jpg

人を入れると大きさがわかります。

IMG_4375s.jpg

岩壁に囲まれているので普通のカメラでは横から全景を撮ることはできません。
上から見下ろすことはできます。


IMG_4382s_201909142311442cc.jpg


IMG_4383s.jpg

IMG_4385s.jpg

おお。気持ちの良い景色です。

IMG_4386s.jpg

岩の階段を上っていくと山頂部が公園になっています。
見晴らしがいいです。
周りの山が石切場であったことがわかります。

IMG_4389s_2019091423222433a.jpg

今も切り出しているようですね…

IMG_4388s_201909142329162d4.jpg
公園からの景色、正面秋の空

IMG_4387s_2019091423305649f.jpg
振り向くと夏の空。


生石神社のご神体「石の宝殿」(浮石)は宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾とともに「日本三奇」の一つとされています。
神社については、崇神天皇の時代、国内に疫病が流行していたとき、石の宝殿に鎮まる二神が崇神天皇の夢に表れ、「吾らを祀れば天下は泰平になる」と告げたことから、現在地に生石神社が創建されたとしていますが、そもそもの「石の宝殿」が作られた経緯や時代、目的はまだまだミステリーのままなのですよ。興味深いです。(^^)
いろんな人がいろんなこと書いているので、検索してみてください。(^^)


♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::

鯛の煮つけ:無実の罪から復活

IMG_5393.jpg

鯛の煮つけ。生姜とエリスリトール、しょうゆだけでガンガン煮た。
実はこれは咽頭炎発症前日に食べたもの。
なので撮ったはいいけど、その後アップする元気もなくお蔵入りになるところだった。
これの翌日だったから、のどに骨が刺さったのかと思ったのよね…。(--;)
鯛に小骨はないけどね~。(○´・Д・`)ノ

と、余談はともかく、酒もみりんも切らしているので本当に生姜とエリスリトールと醤油、上にちょっとのっかっているのは
余っただし昆布。それだけで煮たものだけど、鯛という魚は夏に食べても臭みもなく、美味しい。
(値段は高くないんだが)贅沢感を演出できるのもいいヾ(o´∀`o)ノ

しかし、台所暑かったうえに煮物で、ものすごく自分が不機嫌だったを覚えてる。
鯛を憎むくらいの勢いだった。
今思えばあれは不機嫌じゃなくて倦怠感だったのかなぁ。
不機嫌と倦怠感の違いが自覚できないって、もうほとんど赤ちゃんみたいなもんだな…
あるいは超高齢者とか‥‥(°_°)

と言うことで、鯛に罪はないので遅ればせアップすることにした。



♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::

キクラゲたっぷり八宝菜:咽頭炎からの解放

IMG_5437.jpg

咽頭炎の間、野菜たっぷり系を食べられなかったので、昨日は青椒肉絲、今日は八宝菜。
中華が続きます。
中華のおかずはこってりに見えるけど糖質制限には向いています。

たっぷりキクラゲを使いました。
味付けは中華スープの素とニンニク。片栗粉もほんのちょっぴり使いました。
糖質制限の範囲内で(*´ω`)┛

食べれるっていいなぁ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

咽頭痛覚書:喉元過ぎた未来の私へ

咽頭痛20日目でこの記事を書いています。
本当につらかったのは最初の2週間で、その後は食事も刺激物を避ければできるようになってきました。
発症12日目の記事にも書きましたが、食べ物が飲み込めないというのは苦痛です。
咽頭痛は、弱った体を狙って周期的にやってくるので、
喉元過ぎてすっかり忘れたころ、また激しい痛みに襲われてあたふたする自分に向かって、覚書を残そうと思います。

1.ある日突然やってくる。

風邪に伴う症状と言うこともあろうが、咽頭痛は(私の場合は)ある日突然朝起きたらなっていることが多い。
前ぶれがあるとしたら、前日しんどいとか「ああ免疫下がっていそう」というときである。
うがいは欠かさずしているが、きっと口開けてエアコンの風に当たりながら弱い喉を乾燥させていたのだろう。
体が弱っていると思ったら、夜更かしは厳禁。喉に手ぬぐい巻いて口を覆って寝よう。

2.早めの対処

様子見るのはやめて、早目に受診しよう。
今回、受診する前に市販の「ペラックT錠」とかも飲んでみた。効かなかった‥‥--;
ぺラックTは人によっては喉の特効薬だったりするが、私には効かない。
同じ失敗繰り返すなよm9( ・ω・)
痛い目に何度もあっているので今回は忘れなかったが、抗生剤もらうときは必ずビオフェルミンRをもらうこと!
何はなくとも腸内細菌を守ってやらねば、治るもんも治らん。
時間たつとこれを忘れてしまうんだね~。(=∀=)
くれと言わなければ医者はくれないよ(ノ´▽`*)b☆

3.酸っぱいもの禁忌

何せ呑み込めないから、口当たりのいいゼリーなんかを買ってみる。
これがだめ。沁みる。ヨーグルト、ポン酢、酢の物(モズク酢など)、ビタミンゼリー、酸っぱい系のど飴(龍角散のど飴糖類ゼロブルーベリー味、効かなかったし、沁みた。)糖類ゼロのドリンクも酸味が刺激になった。

4.食べると後で後悔するもの

硬いもの(あたりめーだ・・・)。舌でつぶれるからって、豆腐もつらかった。なぜだろう・・・
痛みが強い時、飲み込めないものは食べ物に思えなかった。肉や魚もセメントに見えた。(マジ)
野菜も自分の中で警戒アラームが鳴った。唾も呑み込めないのにそりゃそうなるわな。
しかし胃にものを入れないと痛み止めの薬が飲めないのよ。空腹で痛み止め飲むと胃に穴開いちゃうから。
そこで・・・↓

5.食べられるもの

牛乳。(牛乳で血糖上がらない体質でほんと助かった。)

IMG_5423.jpg

牛乳に、青汁、オカラパウダー、イヌリン、プロテインなんかを入れて混ぜてみた。
野菜と肉魚が食べられないので、とりあえずタンパク質と食物繊維を補う意味で。
刺激物はダメだけど、生姜は優しかった。生姜をすりおろしてネギと卵のスープを飲んだが、なんか、いい感じだった。

IMG_5424.jpg

アーモンドドリンク(砂糖不使用)なんかもよく飲んだ。
あとはビタミンCか・・とこれはサプリで補った。
水分は緑茶を摂ったよ~(ビタミンC補給と口腔殺菌のため)

痛み止めが効いてくると、何か固形物も食べてみようという気になってくるが…
それはただ痛み止めが効いているだけである。
体の声に耳をすませば「それはお前の力ではない」と語りかけてくるはず。
食い意地の張っている私は何度か「痛みが治まっているときになんか食っちまおう」という試みをしたが、
これはその時良くても、傷をいたずらに刺激してしまうようだ。痛み止めが切れてくると追い打ちのような痛みが来る。
食べることは大事であるが、あくまでも傷には優しく…である。
食べると治る若い時とは違う。
むやみに自己免疫力を盲信してはいけない。

6.うがい

うがいは大事。ただ、私はうがいが下手でうがい薬を患部の近くまで届かせることができないのがネック。

IMG_5428.jpg

写真はアズノールうがい薬。
私はイソジンうがい液が苦手だ。イソジンでうがいをした後、余計症状が悪くなったことが何度もある。
イソジンが悪いのじゃない。イソジンは殺菌作用の高い消毒薬である。
でもうがい薬のイソジンは私の粘膜には合わないようだ。
で、アズノール。これは成分がアズレンスルホン酸ナトリウム水和物であり、もともと胃潰瘍の治療薬である。
殺菌と言うより、粘膜を修復してくれようという目論見なのだ。
二回目の受診時、これをおずおずと頼んで出してもらった。おずおずと言えば痛み止めも変えてもらった…
医者と言う権威者のプライドを傷つけないよう自分の欲しいものをおねだりするのは骨が折れるのだ。( ̄^ ̄)ゞ
ちゃんと、メモして、準備して臨もう。

7.記録はちゃんと残す。

前回の点滴受けた咽頭痛から二年。二年経つと、つらかったことも忘れがちになる。(脳細胞のせいである)
それでも前回の記録があったので助かったこともたくさんあった。
体調の悪い時はただでさえ思い出せないし、熱でも出てしまえば自分でできないことにさえなる。
この記録が未来の私にとって、役に立ちますように。ヾ(o´∀`o)ノ

8.余談。

生姜入りコーラ。
今回本当につらかったのが最初の一週間で、二週間目は停滞期。
三週間目は回復期なのだが、この時期にふと思い出して生姜入りコーラを作った。
中国ではこれを「風邪薬」と呼ぶと昔聞いた。
スライスした生姜をコーラにいれ、炭酸飛ぶまで加熱する。
昔は鍋で沸かしていたが、今回はレンジで一分少々加熱した。
炭酸を飛ばすというところがミソ。温かいというところもいいのかな。
生姜は刺激物でしかも固形なのになぜか喉にやさしかった。
このあと格段に調子がよくなったのだが、ちょうどよくなってくる時期だったのかもしれない。
コーラの砂糖がいいんだということを書いている人もいたが、
私は糖尿人なので糖類ゼロしか飲めない。
でも効いた気がするのよ(○´・Д・`)ノ
民間療法も侮れないよ。読んでいるか??未来の私 m9( ・ω・)
あと、ヨーグルトと野菜が食べられないので、便秘になった。
なので最初の全く呑み込めなかった時期だけ痩せて、あとは体重も増えた。(ou(工)u)ノ
きっと便の分だろう。しんどい時は頭廻らないけど、わかっているなら便秘対策もしといたほうがいいね。
痛みは人から思考力も奪っていく。
未来の私よ。痛みで頭が回らなくなった時は、ここに書いていることを片っ端から実践するのだ。
・・・・もっとも、ここに書いたということを忘れたら別だが。(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」ッッッ


♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

☆彡血糖実験の目次はこちらから

☆彡低糖質料理カテゴリはこちらから

☆彡血糖測定実験カテゴリ 最新記事からの一覧はこちらから

☆彡お出かけ日記はこちらです

☆彡糖質制限的海外旅行スペイン

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪


探してみよう、低糖質m9(`・ω・´)

::::::::::::::::::





:::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::
メニュー↓↓ 
(目次ページに血糖測定の項目があります。各血糖測定値を見たい方は目次からが見やすいです。)
最新記事
プロフィール

月詠の巫女

Author:月詠の巫女
2014年発症の糖尿人です。糖質制限と自己血糖測定しています。

もともと、麺、ご飯は大好きでした。
ですが、リアルタイムで血糖測定するとさすがに炭水化物が怖くなります。(^^;)
料理は好きなので、血糖測定をしながら、料理も食事も楽しんでいけたらと思っています。

糖質制限料理 ブログランキングへ

ようこそ(^^)
糖質制限の味方
探してみよう、低糖質m9(`・ω・´) :::::::::::::::::: ::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
外出時に持って出かけたいですね。       ↓
:::::::::::::::::: 食物繊維は大事な腸内細菌の餌(^^)       ↓
:::::::::::::::::: 甘味料はエリスリトールが一番コスパがいいと思う ↓

フランス産 エリスリトール 1kg 遺伝子組み換え材料不使用 カロリーゼロ [01]希少糖 糖質制限 天然甘味料 砂糖代替甘味料 NICHIGA(ニチガ)

お金に余裕があればラカントのほうが美味しいとは思うけどね ↓

ラカントS 顆粒 800g

:::::::::::::::::: 低糖質パン、もっと普及したらいいのに。       ↓
::::::::::::::::::::::::: 頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★
検索フォーム
リンク
QRコード
QR